横浜市緑区ママのためのママのコミュニティ NPO団体 mamacoco

横浜市緑区ママのためのママのコミュニティ NPO団体 mamacoco

ママの知りたいがココに♪ココからはじまるHAPPYな毎日

「EPARK くすりの窓口」でお薬の待ち時間を短縮!

ITのある生活

2017年9月15日

EPARK くすりの窓口でお薬の待ち時間を短縮!

「お子さんが体調不良だからこそ時間をうまく使いたい。」
そう思う方きっとたくさんいるのではないでしょうか?

私もそんなことを思うママでした。

EPARK くすりの窓口でお薬の待ち時間を短縮!

病院やお薬の処方の待ち時間って体調が良くないと大人でも辛いですよね。

最近では小児科や耳鼻科などでも予約制が導入され、予約時間に病院へ行ったり、順番が近くなったら電話で連絡をもらえるシステムが増えてきています。

うちの子は何時間もジッと待つことができなかったので本当にこのシステムには助けられました。

ただ、お薬の処方は待たなければならないことも多く調剤薬局の入っているドラッグストアで処方箋を出した後に店内をお買い物することも多かったです。

そんなある日、いつも使ってる調剤薬局である1つのポスターが目に留まりました。

処方箋をスマホから写真送信して調剤薬局へ向かっている間に準備をしておいてくれるという「処方箋送信アプリ」があることを知りました。

それが「EPARK くすりの窓口」です。

このサービスはとてもシンプルで、
処方箋をもらったら処方箋の写真を撮って「EPARK くすりの窓口」のアプリを使って普段利用している調剤薬局へ送信するだけ。

病院で処方箋をもらったらすぐ送信しておけば病院から薬局へ行くまでにお薬の準備をしておいてくれるのです。

もちろん、お薬を取りに行く時間帯を指定することも可能なんです!

しかも、今現在送信した処方箋は「受付完了」「調剤完了」など、どのような段階であるのかもメールで細かく連絡をもらえます。

例えば、「処方箋を受け付けました」とか「お薬の準備ができました」とかメールでお知らせしてくれるのです。

なので、先にちょっとお買い物してから調剤薬局へ寄っても良いですし、一旦おうちに帰ってお薬の準備ができたら取りに行くと言うことも可能なんです。

とっても、便利ですよね♪

また、万が一お薬の在庫がなかったときなどは調剤薬局のスタッフから電話で直接連絡をくれたりするので薬を取りに行く時間帯を考えて生活することも可能です。

EPARK くすりの窓口」も前回ご紹介した「harmo(ハルモ)」同様に導入している薬局が対象なので、まずは普段使ってる調剤薬局や近くの調剤薬局が導入されているのか確認してから使ってみてくださいね!

EPARK くすりの窓口

神奈川県横浜市緑区で導入されている薬局はこちら

AppStoreからダウンロード

GooglePlayで手に入れよう

EPARK くすりの窓口
https://www.kusurinomadoguchi.com/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedIn

この記事を書いたのは...

もりかわゆきえ

webデザイナー。 webデザイナー歴17年。 主な、制作実績としては落語家公式サイト、イベント公式サイト、個人起業家のサイト、アメブロカスタマイズなど。 ECショップでは半年で売上2倍、個人起業家サイトでは1年でホームページからのお問い合せを増やした経験あり。 正しいホームページ構成とどうしたらアクセスが上がるのかを考えるのが得意。

もりかわゆきえのホームページはこちら

新着情報

2017年10月12日
公式サイトの閉鎖について
2017年09月29日
スポンサー・スタッフ募集
2017年09月22日
スタッフ退会のお知らせ
2017年09月18日
第6回 朝*Cafe 開催のお知らせ
2017年07月26日
8月の朝カフェはお休みです

今月のSatomiレシピ

クルミの和風バーニャカウダ

クルミの和風バーニャカウダ

クルミの和風バーニャカウダ作り方はこちら

講師紹介

若林悦子さん

若林悦子さん

リンパケアサロンLahiLahi

詳しい紹介はこちら

渡邉佳奈子さん

渡邉佳奈子さん

あおば音楽教室 バイオリン講師

詳しい紹介はこちら

奥山郁子さん

奥山郁子さん

ラッピングコーディネーター

詳しい紹介はこちら

緑区ママコミュニティmamacocoのLINE@に登録する
mamacocoのFacebook

協賛 - SpecialThanks -

きりがおかマタニティクリニック 横浜市緑区 十日市場